はじめまして。小川ふとん店です。

NEWS   2019/05/16 【 麻の寝具 入荷しております】 背中の湿度のコントロールが、暑い季節の快眠のカギ


根掘り葉掘りおたずねする 使い捨てしないふとんの専門店です

まずはゆったりくつろいだ雰囲気の中で、お茶を飲みながらいろんなお話を聞かせて下さい。なぜなら・・・意外なところに快眠のコツ・ミソが隠れていて、それはお話をしていく中で見えてくるからです。それから、寝具をセレクト。掛けふとん・敷きふとん共、20数種類ご用意しておりますが、さすがに全部試すと疲れてしまいますので、お客さまの体格やお悩み・寝室環境などを考えて、またご予算に合わせて、ふとん屋がセレクトしてベッドセッティングをします。そして体に馴染むまで、ゴロゴロを楽しんで下さい。緊張がほぐれると、同じ寝具でも感じ方が変化してきます。試し寝は少なくとも10分以上は必須です。

 

そしてもうひとつ大事にしているのが、使い捨てのふとんをなるだけ販売しない、ということ。ゴミ問題でおふとんが取り上げられ度に、苦しいような気持ちになります。古来より、日本人は物を大切に使ってきました。それが豊かになるにつれ、使い捨てが広まってしまい、おふとんも例外なく使い捨てるものになってしまいました。化学繊維を材料に使用するになり、廃棄して買替え>仕立て直し という意識が広まってしまった為でしょう。当店が主に取り扱っておりますのは、コットン・ウール・羽毛・キャメルなどの自然素材で、仕立て直しができます。もっと言えば、仕立て直ししないで捨ててしまうなんてもったいない、そんな素材です。また保温・吸湿性が高い。これは寝具が備えているべき性質そのもの。天日干しでカビ対策もできるのですから、日本の気候にぴったりなのです。使い捨てにしない心地よい寝具、揃えております。


日々学びがあります ~睡眠健康指導士 上級として~

枕ブームに始まり、アスリートをCMに起用した敷き寝具の流行など、ここ数年寝具の新しい波が起こっています。

PCやスマートフォンの普及で、今や中学生でも睡眠不足の世の中、眠りへの不満足度がとても高まっていることの表れ

でしょう。今はとても便利な世の中。お店に出向かずとも触らなくても、ポチッで買い物ができます。

 

しかし寝具はポチッではいけません。特に身体をあずける敷きの寝具はちゃんと選んでください。

なぜなら、そもそも眠りは個人的なもの。個人差がとても大きいのです。

うまく眠る事ができなくて苦しんでいる方ほど、その原因をちゃんと考えて、素材や厚みを選ばないと解決しないからです

眠るときの姿勢が悪いのか・蒸れが不快感となって眠りにくいのか・おふとんが硬過ぎるのか柔らか過ぎるのか・・・

様々な要因で、人は眠れなくなります。

一生懸命考えて寝具を購入したのに、症状変わらず・・・悩んで困って苦しんでいませんか??

 

私は睡眠健康指導士上級の資格を取りました。

まだまだ解明されていない睡眠のメカニズムですが、不眠の方を少しでも楽にして差し上げたい。

寝具だけでなく、生活習慣からもよりよいアドバイスができる様、ふとん屋も勉強しています。

悩みだすと、どこをどう変えたらいいのやら・・・皆目わからなくなりますね。

そんな時ほど、ご相談下さい。


この時期にしておきたいお手入れ

羽毛ふとんのオーダーリフォーム

CHECK POINTは以下の通り。 羽毛ふとんを平らに置いて、まず遠くから、次に近づいて、よく見てみましょう。

①少し離れて見てください。ボリュームダウンしているマス目はありませんか? おそらく襟元がペチャンコでは?

 手で引っ張り上げる・肌の油分や化粧水などの付着で、中の羽毛が収縮するのが原因です。

 

②離れて、それから近づいて、側生地の表面を見て下さい。うっすらと茶色に色づいている箇所はありませんか?

 皮脂や塩分の汚れです。使い続けると、やがて①のボリュームダウンが起こってきます。

 

③側生地表面を見渡してください。羽毛が噴き出しているところはありませんか?

 側生地は傷みにより弱くなります。すると中の羽毛が突き破って出てくるのです。

 放置しておくと、くしゃみが出そうなほど噴き出してしまいます。そうなると片付けも大変です。 

 

④おふとんのニオイを嗅いでみましょう。

 油っぽいニオイ・汗のニオイ。側生地・羽毛に汗や皮脂が付着していることを示しています。

次の冬、幸せに眠りたい。そんな方は、今がお手入れの時期です。

羽毛ふとんの仕立て直しについては >>>コチラ


          詳しいアクセスはこちら >>>


電話でのご予約は  072-973-2828 

 ★祝日は通常どおり営業です★


■ 各種クレジットカードをご利用頂けます

 

■2019年3月より、PayPay・楽天Pay・Oricoローンをご利用頂けるようになりました。


小川ふとん店への

アクセスは・・・

近くまでお越しになった後は、当店HPにてご案内している道順でお越し下さい

詳しいアクセスはこちらへ<<<

                    

一般的なナビゲーションシステムでは、普通車で通り抜けできない道を指示するようです。すぐ目の前に

見えているのに道幅が狭くて通行できない・・・といったケースも少しですがございました。

    柏原市内に入られましたら、当店HPアクセスをご覧になってお越しください。よろしくお願い致します。


予約制の夜オープンを始めます

当店は日曜日が定休ですが、日曜日しかご来店の都合がつかないとのお問い合わせが増えてきました。

よって、ご予約頂いた場合、21時まで開店することと致します。(19:30にはご入店ください)

ご予約のない日は通常通り19時に閉店します。ご来店の際は、お電話もしくはインターネットにてご予約くださいます様、お願い致します。


営業日カレンダー

2019年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
が定休日です。
2019年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
が定休日です。

13日(土)は、祭礼につき臨時休業致します。

15日(月・祝)は、通常通りOPENです。


クービック予約システムから予約する

空き状況のご確認もこちらからお願い致します。

電話でご予約される方は、072-973-2828 までどうぞ。



日々を大事に・・・を心がけよう ~ブログ~

プラスチック 減らせると思う

NHKクローズアップ現代で、【ノープラ生活】を特集していた。

 

日本はアメリに次いで、プラスチックゴミの排出・輸出量世界第二位である。

この現実に危機感を抱き、そもそもどうして多いのか・減らすにはどうすればよいか、

を考える企画らしい。

 

まるで悪者扱いだけれど、プラスチックはとても優れた素材らしい。

 ①安価であること

 ②形や硬さを自由に変えられ、用途が広がる

 ③熱や水しないに強いので、使用範囲が広い

 ④紫外線・酸素を透過させないフィルムとしても使える

 ⑤文字やデザインを表示できるので、物みずからが消費者に宣伝できる

日本の量販店スタイルを支え、便利で効率的な消費経済を作った立役者、ということらしい。

なるほど。。。

 

しかし。

EUより多い日本のプラスチックゴミ・・・

EU加盟国は28カ国。人口は2017年現在 5億1000万人強、総面積429万㎢。

日本の人口の約4倍、広さは約11倍だそうだ。

少ない人口・狭い国土で、どうしてこんなにたくさんのゴミを出してしまうのか。

 

利便性・見た目重視。

この部分は、意識改革をしやすいのでは?

 

確かにペットボトル・コーヒー等のカップ類は、飲んだら捨てて楽だけれど、

小学生は毎日水筒を持って学校に通っている。

(中身のお茶がペットボトルから注いだ物だと意味なしだけれど)

水筒を洗うのも、習慣になればなんてことはない。

“ずっとこうしてきたから”と意識なく続けていることって、意外に多い。

どこかで意識して変えれば、そこから新しい習慣が生まれ、やがて当たり前になっていく。

 

野菜や果物だって、発泡トレイに載っていなくてもいいのでは?

トレイがなければ、ラップフィルムだって要らなくなる。

 

リサイクル可能に作られていても、ほとんどリサイクルされていない現実。

焼却してCO²を排出し、別の環境破壊をしている現実。

リサイクルの為と、洗剤をジャバジャバ使って水質汚染が進む現実。

本当に環境を守ろうとすると、どこから手をつけたらよいのか、

私のような素人は途方に暮れてしまう。

 

出たゴミをどうするか と共に 出すプラスチック量を減らす。

双方向からの対策を早急に、という位しか思いつかないのだ。

 

企業の努力と消費者の意識改革。

これが今すぐ行われ、他の動物も共存できる地球を残そう。

宇宙への移住は、あくまでもロマンからくるものであってほしいな。

ロゴマークについて

小川の"O" に漢字の "川" を重ねて。 色んなコトやモノがクロスオーバーすれば面白いとの想いからです。

 横にした "川" の文字にはそれぞれイメージした川がありまして 、一番上は、清州店(前店) 上市店(新店) の前を流れる『長瀬川』、真ん中は、創業した古町店の側を流れる『了意川』、一番下 〇を突っ切っているのは、地元柏原が誇る

      一級河川『大和川』です。川に育まれ息づいてきた当店 、流れに逆らわず、流れを楽しみながら大河を目指します。




ten.10工房ホームページ