大阪柏原 大和川河川敷 

日本の夏は、やっぱり暑い。真夏の大阪にいたっては沖縄をしのぐほどで、真夜中でも寝苦しい事この上ありません。

やはり、エアコンの力を借りずして眠るのは難しい。しかし、エアコンだけで気持ちよく眠ろうと思うと、その外気温差は10度以上。毎日そんな事を続けていると、秋が来た時の体調がとんでもない事になってしまいます。温度差の激しい環境は、人間の自律神経を狂わせるそうです。暑い季節はなんとなく夏ぽい、涼しすぎない室温設定をして休みましょう。

それにはやはり、夏の道具がいります。麻や和晒しコットンなど、夏の肌にサラッとあたって密着しない素材で作った寝具が適しています。エアコンの温度設定が高めでも、蒸れずに気持ちよく眠らせてくれます。今だけでなく、先の身体のことも考えて・・・。夏には夏の眠具、です。


本麻しとね 麻をたっぷり使った夏専用敷きパット 自然なひんやり感 
本麻しとね 麻をたっぷり使った夏専用敷きパット 自然なひんやり感 

麻尽くしの夏用敷パッド。裏面のみ綿100%、他はどこをとっても麻で作られています。中綿には麻の綿が2kg入って、大変しっかりと仕立てられています。ひんやり感はもちろんのこと、驚くほどの吸水力で汗を逃すことなく吸い取って、蒸れのない寝床を作ります。

夏の睡眠が厄介なのは、寝床が蒸れて必要以上の寝返りを打つ故、眠りが浅くなり疲れを残したまま朝を迎えてしまうこと。かといって、エアコンで涼しすぎる寝室にしてしまうと、ひどい夏バテを引き起こします。室温25~27度ほどの室温で、夏専用の眠具を使ってみてください。蒸れない寝床で、ぐっすり眠ることができます。もうひとつ。冷えすぎる夏用寝具にご注意を。特にご高齢の方には、自然素材で適度なひんやりを用意してさしあげましょう。


スイス scholler社製 ノルマルパラフィンを使った夏専用敷き寝具 朝までひんやり続く
スイス scholler社製 ノルマルパラフィンを使った夏専用敷き寝具 朝までひんやり続く

当店でご用意している中で、最も冷たい夏専用寝具。スイス schoeller(ショーラー)社製 ノルマルパラフィンという蝋状の保冷物質を閉じこめたシートを使って作られています。この素材が秀逸なのは、一度温まっても、室温28度以下であればひんやりを再生するところ。人は背中に面したおふとんがぬるくなると、冷たさを求めて新しい面へ寝返りを打ちます。この敷パッドであれば、使っていない間にひんやりが戻るので、適正な寝返りでもって、一晩中不快感を感じることなく眠ることができるのです。

汗を吸収する脱脂綿も挟んで作られているので、蒸れの心配もさほどありません。ただやはり研究して生み出された素材ゆえ、冷たさがやや強いように思います。ご高齢・小さいお子様などは様子を見ながらお使いください。


当店で最も軽い敷きふとん エアクィーン。片手で軽々持つ事ができます。その秘密は、中綿が入っていないこと。

製網屋さんが、細いポリエステルの糸で編んで作っています。薄くて軽い、ですがその割りに結構頼りがいがある。

標準的な体格の方なら、これ一枚で寝転んでも痛くありません。トラス構造という高い強度を持っているからです。

 

私たちがこのおふとんをおすすめするのは、厚くて重い綿入りのおふとん1枚で眠っておられる方。上げ下ろしや天日干しをする時、大変しんどい思いをしてこられました。でもこのエアクィーンを一緒に使うと、綿入りのおふとんが薄く軽くする

ことができるのです。エアクィーン自体はお手入れ不要ですので、薄く軽く仕立てたおふとんのみ、お手入れを。

しかも寝心地はよくなりますので、いいことづくしですね。

「エアクィーンは使う人を選びません。」

 

「エアクィーンは使う時季を選びません。」

 

「エアクィーンは使う場所を選びません。」