仕立て直し 綿のおふとん篇

太陽の恵みをいっぱい含んだコットン。コットン綿だからできるリサイクルがあります。 使い捨てはもうやめて、もう一度作り直して再利用しましょう。

 

30~40年前の婚礼ふとんを作り直しされる方がたくさんいらっしゃいます。ご両親が用意してくださった大事な婚礼のおふとんだけれど、実際にはほとんど使っていない。けれど、いくら断捨離がブームでも捨てる気には・・・との思いから、お孫さんや帰省の折のおふとん等に仕立て直しをなさいます。大好きな布でクッションを作る方も。コットン自体はとてもよい素材です。生かせるものに形を変えて使っていく・・・日本人が大切にしてきた始末ですね。


50年以上お付き合いしています、打ち直し工場の大将・井上さん。工場が大阪・八尾市にありますので、当店からも近く、細かな仕事も快く引き受けて下さり、とっても助かっております。

製綿工場が減っていく中、まだまだ意欲的に頑張っておられます!

② お選びいただいた布地で、新しいふとんの側生地を縫製します。

 

③ 綿が打ちあがってきたら、ふとん職人が仕立てます。その手順は、自家製ふとんの仕立て工程と同じです。

 打ち直しふとんの工程はこちら


打ち直しふとんの価格

生地代金+打ち直し代+仕立て代  ※足し綿をする場合は別途プラスになります。

 

コットン綿入り敷きふとん 打ち直し仕立て 10,000円~

コットン綿入り掛けふとん 打ち直し仕立て 10,000円~

 

おふとんの仕上がりサイズ・足し綿の有無 等により、お値段は変わってきます。

詳しくは、お電話にてお問い合わせ下さい072-973-2828。

実店舗がございます。安心してご注文下さい。