· 

SIZEが生み出す問題

今月に入って相次いだ【SIZE】問題について、今日は書きます。

 

体格のよい旦那さま・ほぼ標準的な体格の奥さま。

お年は40~50代と、私とあまり変わらない世代の方々です。

 

オーダーピローや羽毛ふとんのオーダーリフォームでご来店頂き、

“なんだか急に、おふとんを重く感じるようになった”

“肩や首がしんどくて、寝ても疲れがとれない”

“眠りが浅くて寝た気がしない”

といった不満やお悩みを吐露して下さいました。

 

 

そこで私たちがご提案したのが、【敷き寝具を分ける】こと。

皆さん、ふたりでセミダブル(横幅140㎝=シングル100㎝より40㎝広いだけ)・

ダブル(横幅160㎝=シングルより60㎝広いだけ)にお休みだったのです。

今までは何も問題なかったかもしれません。

しかしここへ来て、不具合を感じるようになってこられた訳です。

体調の変化・寝具の劣化…原因は様々だと思いますが、

見直しの必要なタイミングにきている、そのことは確かなのです。

 

 

1人で幅100㎝を自由に使う。

これが快眠の最低条件だと、私は思います。

寝返りを打つ・掛け布団をたぐり寄せるなど睡眠中のどんな動作も、

眠りにくくなった身には、同じベッドにいる相手の存在が影響します。

“無意識”に、遠慮してしまうのです。

遠慮した方のほうに、不眠などのお悩みが出てきてしまいます。

病院の付き添いベッド(横幅80㎝)を数ヶ月間使った経験がありますが、

こっちの方がまだ良いかもしれません。

なぜなら他の影響を受けないからです。

自分の体の生理に従って、動くことができるからです。

 

 

1人100㎝を実現しようとすると、家全体の部屋の使い方を見直す必要すら

出てきてしまうかもしれません。

しかし、寝るのは毎晩のこと。

そして問題を放置すると、その影響は日中にまで及んできますから、

お部屋の使い方を考えることに、十分その価値はあるのではないでしょうか。

 

 

もし100㎝が難しいなら、オーダーという方法もあります。

手作りオーダー敷き布団なら、横幅何㎝でも作れます。

お部屋の間取りでお困りでしたら、一度ご相談下さい。