· 

暑い間にしかできないお手入れ


ご夫婦で長年お使いになってきた羽毛ふとんをお仕立て替え。ご主人は冬掛け(羽毛充填量1.1㎏)、奥さまは合掛け(羽毛充填量0.8㎏)に。以前は全く同じボリュームだったものを、今現在のお好みに合わせてお仕立て替えしました。


お持ち込みになったおふとんは写真を撮り忘れてしまい・・・お仕立て替え後の写真です。

お二人でダブルサイズを一緒にお使いだったのを、今回お一人で1枚ずつシングルサイズをご提案。

元々お持ちの羽毛ふとんが上質でお手入れもなさっていたので、今回も柔らかな風合いの側生地でお仕立て替えとなりました。


一見何も問題なく見える左側のおふとんですが、シルクの側生地が弱くなり、所々羽毛が吹き出してきています。

このまま使い続ける事はできません。中の羽毛はまだまだ健康でしたので、シルクに劣らない風合いのよい側生地でお仕立て替えをしました。

信じられないくらいの涼しさで始まった今年の夏。ここへ来てとても暑くなり、お仕立て替え待ちのおふとんが増えてきました。これから仕上がってくるおふとんは、また次回アップしたいと思います。

 

寒くなる前のこの時期にしかできないおふとんのお手入れ。

羽毛の価格高騰は続く見込みです。

まだまだ使える羽毛をリユースし、上質な羽毛ふとんを手に入れて下さい。