カテゴリ:おふとんのこと



おふとんのこと · 2021/03/15
マットレスのBOXシーツ、どっちの面を穴開きにする?なんてことも、考えてみてもいいのかもしれない・・・と思った、なんてこと。

背中があたたかいウール敷き
おふとんのこと · 2020/11/11
なんか寒くて眠りにくい・・・という方におすすめ、ウール敷き。マットレス・おふとんの上にプラスして使えば、冷え知らずです。

コイルマットレスを処分したときの写真
おふとんのこと · 2020/10/24
コイルマットレスの処分はなかなか厄介です。

長身・体格のよい方にちょうどよいサイズの羽毛ふとん
おふとんのこと · 2020/09/29
長身・体格の良い方が暖かく眠る為には、シングルサイズより縦にも横にも大きくしたおふとんが必要です。

穴の開いた羽毛ふとんを仕立て直し
おふとんのこと · 2020/09/12
上質な羽毛ふとんをお預かりしました。3シーズン使うことのできるおふとんに仕上がりました。

首が折れてしまう、高すぎる枕
おふとんのこと · 2020/08/31
オーダー枕を作りにご来店時、今朝までお使いになっていたマイ枕を持参されました。その寝姿から、私たちが考える問題点をお伝えし、ご理解頂いた上で当店のオーダー枕をお作りしました。その過程があったおかげでお話がスムーズ且つ広範囲に亘り、良い時間となりました。

麻のパッドを敷いたマットレス・ふとん
日々の暮らし · 2020/08/20
いくらエアコンを使っても、肌にふれるものに化繊が使われていると、暑くてぐっすり眠れません。人はいくら涼しい部屋でも皮膚から汗が出ています。その汗が化繊に触れると蒸れが起こり、不快だからです。 目は覚めずとも、不快感から寝返りの回数が増え、朝起きた時熟睡感が得られないことに。睡眠の質が低下しているのです。体を横たえる敷き寝具がおふとんでもベッドマットレスでも、肌に触れる一番上の部分には、吸湿発散の得意な自然素材を使いましょう。夏はやはり麻。冷感があるので最適です。季節に応じた素材を使うのが快眠の鍵です。

おふとんのこと · 2020/08/10
人それぞれ違いのある体格に合わせてフィットするように作るセミオーダーのマットレスで睡眠中も良い姿勢を作り、上に敷くウール敷きで保温・吸湿を。敷き寝具に備わるべき機能がすべてつまった組み合わせです。その上に横になりながら作ったオーダー枕で、歪みのない寝姿勢が整いました。“寝る度に疲れる”から抜け出して頂けますように・・・そう願い、お作りしました。

おふとんのこと · 2020/06/29
この季節にもっともご依頼の多い、羽毛ふとんの仕立て替え。写真は、この仕立て替えができなかった羽毛ふとんです。 長年使ううちに、中身の羽毛にも汚れ・皮脂等が浸みこんでいきますが、その程度が過ぎるとリフォーム(仕立て替え)はできなくなります。なぜでしょうか・・・...

おふとんのこと · 2020/06/24
今日はご婚礼のおふとんを納品に伺いました。身長が高くがっちりとした旦那様には、通常のシングルサイズよりも10㎝丈を長くした150×230㎝サイズの羽毛ふとんの4シーズンタイプを。小柄で寒がりな奥さまには、通常のシングルサイズで、冬に備えてカバーは1枚ダブルガーゼのものをお納めしました。...

さらに表示する